横浜の浮気調査事情|興信所の調査サービス

探偵は土地勘が大切です。
浮気調査も地域ごとの事情をよく理解していないとスムーズに行えません。
横浜・川崎の特性について、この地で経験の長い原一探偵事務所のA探偵にお話を伺うことができたので、ここに紹介します。
取材は2016年5月19日に行いました。

a1
【原一探偵事務所の探偵A氏】
(尾行・張込み等の調査実務に支障が出るので、顔はモザイクをかけてあります。)

arrow2横浜・川崎のおすすめ興信所はコチラ

電車利用者の徒歩尾行の比率が非常に高い

・地域によってはほとんどが車両尾行という土地もあるが、横浜・川崎近辺は他地域より徒歩尾行の調査が多い。
・川崎市山の手の首都圏通勤者の調査が代表。
・それ以外にも横浜駅はすべての路線が集結しているため、合流に使われる。
・対象者の相手が地方出身で月数回しか会わない場合、新横浜で接触してホテル宿泊することが多い。
・横浜駅で待ち合わせた後は買い物が多く、中華街ではなく、山下公園やみなとみらいへ行く。

シティホテルの利用が主流

・横浜市内に話を絞ると、ラブホテルよりシティホテルの利用が多いのが特長。
・シティホテル側も「デイユース」の名称で「休憩」に対応している。
・みなとみらい(最寄り駅は桜木町、コスモワールドなど遊園地もある)は最重要デートスポットだが、近隣地区は条例でラブホテル新設が不可。
・横浜のラブホテル街は市内と伊勢佐木町にもあるが、いかにもいかがわしい場所で、カップルの遊び場からスムースに移行できる場所ではない。
・こうした事情からシティホテルの利用率が高いという地域事情が生まれた。
・浮気の証拠どりという観点からいうと、 シティホテルが舞台ということはラブホテルの場合より深い調査が必要ということを意味する。
・なぜなら、シティホテルの部屋を利用したとしても、ラブホテルと違って多様な用途で利用される場所なので、それだけでは「不貞行為(肉体関係)」と断定するには不足だからである。
・より突っ込んだ証拠をつかむ必要があり、探偵の腕が問われると言える。

横浜市内は車両尾行が難しい地域

・横浜市内は丘陵地帯で丘の頂上に家を建てたがる傾向がある。
・細い道が入り組んでおり、張り込む場所がない。
・ナンバープレートに敏感で、横浜ナンバー以外の車だとすぐ不審がられる。
・と言って、横浜ナンバーの車だけで対応すると、市外遠方まで追尾することになった場合に「なぜ、こんなところに横浜ナンバーの車がいるのか?」と不審がられる。
・よって、多種のナンバーの車を保有している探偵社でないと発覚しやすい。
・全国屈指の車両尾行困難地域。

arrow2横浜・川崎のおすすめ興信所はコチラ